十勝清水コスモスファーム お取り寄せ・通販ショップ > ブラウンスイス牛について

ブラウンスイス牛について

ブラウンスイス牛をコスモスファーム独自の飼育方法で育てました。

希少なブラウンスイス牛を広大な十勝で育てています

広大な十勝で育てた「ブラウンスイス牛」

スイス原産の牛、ブラウンスイス牛。北海道の肉牛飼育頭数500,000頭ほどのうち、ブラウンスイス牛はおよそ1,200頭。北海道全体の約0.24パーセントほどしかおらず、まさに幻といって良い品種と言えるでしょう。日本ではなかなか食べることができない希少な肉ですが、欧州ではその肉質が高く評価されています。赤身が柔らかいのはもちろんですが、牛肉のうまみ成分である「オレイン酸」は、黒毛和牛と同等レベルの高さです(2014年12月 帯広畜産大学調べ)。また、牛肉独特のにおいが極端に少なく、さっぱりといただけるのも特徴のひとつです。

十勝の厳しい環境のなかで元気に育ちます

牧場は十勝清水町の日高山脈の裾野にあり、きれいな水が流れる場所で、牧場内にも小川が流れています。夏はプラス30度以上、冬はマイナス30度にもなる厳しい環境のなか、コスモスファームのブラウンスイス牛は、北の大地の厳しい自然に鍛えられながら、たくましく元気に育っています。

十勝清水コスモスファーム独自の手法で肥育しています

コスモスファーム独自の肥育

コスモスファームで育ったブラウンスイス牛は独自の方法で飼育され出荷されます。

1つめの特徴は、微生物やビール糟、自社で栽培した飼料用とうもろこしを配合した、オリジナルの飼料を与えていること。微生物飼料により体内細菌が良好に保たれるため、健康的な牛が育ちます。また、ふんに微生物が混ざるので堆肥の発酵にも役立ちます。牧場独特の臭いも少なく、牛にも人にも快適な生活環境ができあがっているのです。

2つめの特徴は、ストレスを極力与えないように育てていること。「すべては牛のために」という理念のもと、牛に寄りそい話しかけることで、牛の変化を敏感に感じとり、牛たちがいつでも健康でいられる環境をつくりあげています。平成26年10月には、十勝の肉牛牧場としては初の「農場HACCP(ハサップ)」を取得することもできました。

私たち、十勝清水コスモスファームが育てた安心・安全で美味しい牛肉を、ぜひご賞味ください。

ブラウンスイス種 商品ラインナップを見る